TOEICアプリの体験談

【使用感】TOEIC公式アプリはリスニング中~上級者向け(48歳/男性)

私は48歳の東京都在住の会社員の男性です。

英語は英会話教室に通うことで勉強していて、TOEICは600ポイント以上をずっと維持していました。

数年前、転職を機に引っ越しをしたのですが、引っ越し先には英会話教室が無かったため、英会話教室に通うことを止めてしまいました。

TOEICアプリを使うきっかけは、英会話学校に行くのを辞めたことで英語を聞く機会が減ってしまいTOEICリスニングの点数が落ち、トータルで600ポイントを切ってしまったからです。

隣の市にある英会話教室へ通うことも考えたのですが、新しい仕事と時間を合わせることが難しく続けられる自信がないため検討はしたものの結局諦めました。リスニング力を向上させるためにはやはり
定期的に何らかの形で英会話に触れる必要があります。

アプリで勉強することにしたのはスマートフォンであれば毎日持ち歩いているので、移動中のちょっとした時間を見つけて英語に触れる機会を手軽に作ることができるからです。

とりあえず「短時間であっても毎日必ず聞くことを習慣にする」ことを目標に手軽に取り組めるアプリを探しました。TOEICテストをTOEICを実施、運営しているIIBCのHPへ行ったところ「TOEIC presents English Upgrader」という個人学習用アプリを無料配布していることを知りました。

アプリの内容はビジネスや街中、学校など様々なシチュエーションで繰り広げられる3~4分程度の英会話とその内容に関する回答選択式のテストと、ポイントとなる単語やフレーズの解説が入っているというものです(全配信時間は20分程度)。

ポッドキャスト版は15~30秒の早送り、巻き戻しが可能のため、聞き取れなかった箇所のチェックが容易にできます。また、内容に関するテストはTOEICリスニングテストの終盤に近い感じなので、リスニング対策にはとても良いと思います。

ただし、Upgraderと言っているだけにある程度聞き取れる方が対象なので、会話の難易度は中~上級者向けです。

私の場合ですが、毎朝通勤時間に必ず聞くようにして余裕のある時は音読、シャドウイングをやっていたところ、半年で何とか600点台には回復しました。

このアプリですが、会話コンテンツは全部で50近くあります。なので、ある程度聞き取れる方がリスニング力を落とさないために定期的に聞くという使い方が私は良いように思いました。

-TOEICアプリの体験談

Copyright© 最短800点!TOEICアプリおすすめランキング【全27アプリ実際に使ってみた】 , 2020 All Rights Reserved.